アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「マンガ」のブログ記事

みんなの「マンガ」ブログ

タイトル 日 時
思わず今週号の『BLEACH』の感想書いちまう。
 今週のジャンプの『BLEACH』は僕が最近嫌やなあ、と思ってるところと、「これやねん、BLEACHは!」と思うところ、両極端が混在している話だった。コミックスの感想しか書かんつもりやったけど(それもしばらく滞り中)、思わずキーボードを手にとった(笑)。超重要な部分がネタバレしてます、ご注意を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/14 13:37
アニメ『鉄腕バーディー第一話』観た。
 うーむ。今んとこ微妙。でも面白くなりそうな要素もいっぱい。(ネタバレしてます。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/05 03:01
久保帯人『BLEACH 33巻−THE BAD JOKE』集英社
 と、いうわけで続けざま新刊の33巻です。ネル覚醒の巻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/04 22:50
久保帯人『BLEACH 32巻−HOWLING』集英社
 やべっ!もう次の巻出てる。マンガの感想たまってました。先ずはこれから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 20:25
鉄腕バーディーアニメ化
 アニメ化することは知ってたけど、それ以上の情報がなく、どうなることかと。でも今発売中のヤングサンデーでようやく少し分かってきた。公式サイトも立ち上がってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 17:03
中原祐『ラストイニング 15巻』小学館
 1巻からのテーマに対する、とりあえずのアンサーとなる巻と考えていいんじゃないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/07 18:01
中原祐『ラストイニング 14巻』小学館
 ラストイニングももう15巻まで出てたんですね。とりあえず14巻の感想から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/02 22:30
本宮ひろ志『昼まで寝太郎 三巻』集英社
 あけましておめでとうございます。昨年はブログさぼりすぎでした。本年はせめて一昨年程度、3日に一回程度には戻したいと思ってます。本年もどうぞよろしゅう。さて『昼まで寝太郎』ですが、なかなかコミック出えへんなあ、と思ってたら、もうとっくに四巻まで出てました。というわけで三巻の感想から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 23:35
久保帯人『BLEACH 31巻−DON’T KILL MY VOLUPTURE』集英社
 うーむ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 00:51
荻野真『孔雀王−曲神紀 5巻』集英社
 前半はイザナギと黄海峰の戦い、後半は月読とタケミナカタの戦いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 00:15
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー 17巻』小学館
 温泉でバーサーカーが復活する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 16:23
久保帯人『BLEACH 30−There is no heart without you』集英社
 ルキアと海燕の話が中心。最後はルキアにすっきり勝って欲しかったけど、ま、好きな話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 19:42
コミックヨシモト休刊
 早っ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/09 11:13
久保帯人『BLEACH29巻 THE SLASHING OPERA』集英社
 やっぱグレートデザートブラザーズおもしれー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 22:43
荻野真『孔雀王−曲神記4巻』集英社
 あれ?月読が出てくるんじゃなかったっけ?月読じゃなくて朋子と黄海峰が出てきたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 22:34
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー 16巻』小学館
 第二部の終わりと第三部の始まりの巻。どちらも僕にとっては意外な展開だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 00:00
久保帯人『BLEACH28巻−BARON’S LECTURE FULL=COURSE』集英社
 グレート・デザート・ブラザーズがやっとでてきたよー。この辺ダイスキ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 14:06
中原祐『ラストイニング13巻』小学館
 しかし、阪神調子悪いですね。林を五番にすべきやと思うんですがって、阪神の記事ではありませんでした。ラストイニング13巻です。裏表紙には「日高さんの球を受けたくて僕は彩学に来たんだ!!」という八潮のセリフ。でも久しぶりに他にもけっこう名言多くある巻だと思うんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/16 23:14
黒田硫黄『セクシーボイスアンドロボ#1・2』小学館
 今期のドラマ、3本ほど観てますが、セクシーボイスアンドロボ、面白いですね。と、いうわけで原作を読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/29 15:09
業田良家『自虐の詩』竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト
 うわー!!!『自虐の詩』が映画化されるって!!!今年秋、監督堤幸彦、主演中谷美紀、阿部寛やってー。もう今年最大の楽しみと言って過言ではないやろ。というわけで、早速読み直してみた。今回ももちろん泣けた。何たって「日本一泣ける文庫」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/17 01:08
久保帯人『BLEACH27巻 goodbye,halcyon days』集英社
 うん。この辺から好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 00:44
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー 15巻』小学館
 めずらしくバーディーのセクシーシーン(笑)そしてつとむのセクシーシーン(笑)あ、いきなりネタバレなので読んでから知りたい人は後でね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/25 23:15
荻野真『孔雀王-曲神紀 3巻』集英社
 バトルに継ぐバトルで、これはこれで面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/23 01:04
吉田秋生『河よりも長くゆるやかに』小学館文庫
 今晩はなぜか眠れず(昨日昼まで寝てたからやけど)、何か漫画でもよんで…と手に取った。数ある吉田秋生の本の中でも、けっこうお気に入り。もう何度も読んでる。一冊でサラッと読めるしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/05 04:28
久保帯人『BLEACH 26巻−THE MASCARON DRIVE』集英社
 おお、あっこまではいかんかったか。この巻は好きっていうか、自分がどこに不満を感じてるかようやくはっきり分かってすっきり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 14:24
中原祐『ラストイニング 12巻』小学館
 打順の適正に関する考え方がなるほどーって感じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/03 20:06
六田登『星々の宴』小学館
 今月はマンガ買ってない。で、いつもは新刊の感想をあげてるのだけど、たまには昔のマンガの感想を。でもじゃあなんでこの一冊かは俺にもよく分からん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/28 04:49
荻野真『孔雀王−曲神紀 2巻』集英社
 猫又が登場。ヒロイン的役割になるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/22 02:25
本宮ひろ志『昼まで寝太郎 2巻』集英社
 『昼まで寝太郎』の2巻が出た。もう最高です。(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/20 01:14
久保帯人『BLEACH25巻−NO SHAKING THRONE』集英社
 この辺の話は好き!仮面の軍勢との訓練編ってとこか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 05:31
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー14巻』小学館
 鉄腕バーディーアニメ化らしい。詳しい事はまだ良く分からないみたい。まあ、鉄腕バーディーならアニメでも面白いんじゃないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 23:24
中原祐『ラストイニング11巻』小学館
 ポッポの高校時代から1巻最初のインチキセールスマン時代までの過去が明らかに… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 23:54
久保帯人『BLEACH 24巻 IMMANENT GOD BLUES』集英社
 グリムジョー来襲編後半ってところですね。この辺あんまり好きじゃないんですけど、ジャンプで読んでないとこ読んだら新たな発見もあったのでまあ良かった。あ、でも今ジャンプ本誌でやってる展開好き。あの辺早くコミックスにならへんかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/12 22:49
三浦健太郎『ベルセルク31巻』白泉社
 表紙は狂戦士の甲冑をかぶったガッツ…何かバットマンみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 01:36
荻野真『孔雀王曲神紀1巻』集英社
 13年ぶりに孔雀王が復活。本当に久しぶりだ。今回のテーマは曲神、「日本神話成立の最大の謎を解き明かす鍵となる」んだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 23:13
本宮ひろ志『昼まで寝太郎 1巻』集英社
 やっぱり寝太郎はオリジナルキャラクターやったんやな。帯でアピールしてるところが笑える。たぶん問い合わせがけっこう行ったんやろなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/26 06:10
中原祐『ラストイニング10巻』小学館
 帯でPL出身でロッテの今江選手が大絶賛、「こんなに面白くてリアルな高校野球漫画は見たことが無かった」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/20 06:20
久保帯人『BLEACH 23巻−MALASUERTE!』
 どーもアランカル編はあんまりやなあ。今回はグリムジョー編ってところだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/12 04:46
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー13巻』小学館
 12巻の予告で、「ヴァイオリンが大切なんだ…だから諦めないんだ!戦うんだ!なのに、ヴァイオリン…なんで…?なんで…!?」となっており、この13巻ではおそらく悲劇的結末が待ってるのだろうな、と思っていた。なるほどねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/25 05:55
萩原一至『BASTARD 24巻』集英社
 2年2ヶ月ぶりに新刊!ほんまはよ続き出してくれー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/07 16:02
久保帯人『BLEACH』22巻−CONQUISTADORES
 22巻は、ウルキオラとヤミー登場編ってとこだろうか。ウルキオラ表紙だし。あと、祝!ルキア復帰! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 19:56
ゆうきまさみ『鉄腕バーディー』12巻
 ゆうきまさみはマニアックだなあ、と思う。特に伏線の張り方、大きな話のながれの伏線だけでなく、細かなところがだいぶ前のコマとつながってたりするのだ。その辺が分かると思わず二やっとしてしまう。セリフのユーモアも爆笑と言うより二やって感じだ。まあ、それがユーモアと言うものだが。『究極超人R』『機動警察パトレイバー』『じゃじゃ馬グルーミンアップ』など、他の作品もいづれもオススメだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 00:05
中原祐『ラストイニング』9巻 原作、神尾龍 監修、加藤潔
 センバツの決勝は清峰vs横浜となったようだが、今現在、野球漫画のオススメはこのマンガだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/04/04 00:49
西原理恵子『はれた日は学校を休んで』双葉文庫
西原理恵子のマンガは不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 14:43
久保帯人『BLEACH』21巻ーBE MY FAMILY OR NOT
今ジャンプで読んでいるマンガは『H×H』が休載になってしまったため、『BLEACH』一本になってしまった。昔はジャンプ一冊、隅から隅まで読んだのになあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 23:28
吉田秋生『BANANAFISH』小学館
僕の数百冊に登るマンガの中で、今のところ一番はこれだ。 本の雑誌『ダヴィンチ』でも前、一位に選ばれていた。 最近『NANA』も、男も読める少女漫画として有名になってきたが、(残念だがまだ未読) 『BANANAFISH』は男性にも是非是非読んで欲しい一冊だ。 男尊女卑傾向のある、うちのオヤジにだまって読ませたら、うなっていた。 後で少女漫画だよって言ったら、「そんなことは関係ない」と言ってた。(笑) 最近流行ってる(?)マンガ文庫なら、カバーもブラックで男も手に取りやすいぞ。 まあ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/02/25 11:52
テーマ「マンガ」について
マンガがけっこう好きだ。 小説も好きなのだが、ずーと活字をよんでると、マンガが読みたくなり、 ずーとマンガを読んでると活字が読みたくなる。で、部屋は小説とマンガが積みあがっている。 好きな漫画家は藤崎竜、富樫義博、久保帯人、ゆうきまさみ、六田登、富沢順 吉田秋生、佐々木倫子、などなどなどだ。 最近は少し、違ってきているかもしれないが、「活字の方がマンガよりも上」みたいな風潮が あったが違うと思う。だって、活字は言葉だけの表現だけど、マンガはストーリー、絵両方での 表現ですぜ。 本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/25 10:26

トップへ | みんなの「マンガ」ブログ

新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記 マンガのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる