デモ行進vs棍棒

 毎日新聞14日から16日にかけての朝刊、夕刊から。ロシアも相変わらずすごいねえ。

 来年でプーチンさんが交代することも関係してるのか、また反プーチン派ジャーナリストの暗殺事件もあったからか、ロシアが妙にきな臭い。

 イギリスに亡命している旧政商のベレゾフスキーさんが、イギリス紙のインタビューで「武力でプーチン政権を打倒する」と堂々「武力革命」の計画を明らかにしたことが影響を与えているのか、14日にモスクワで、15日にサンクトペテルブルクで起きた反プーチンデモは武力によって鎮圧された。

 モスクワでもサンクトペテルブルクでも市民や左派グループが中心となって3000人のデモとなったが、いずれもデモ行進は許可されていなかった。モスクワでは治安部隊7000人が参加者を棍棒で殴りつけるという流血沙汰に発展した。毎日新聞の記者も殴られたらしい。サンクトペテルブルクでも約100人が拘束された。

 いやあ、ロシアってそんな国だとは知ってたけどさ。デモ行進を棍棒で殴りつけるってすごいなあ。こんな国先進国の仲間だなんて認めていいの?体制に反対する声をあげることが認められるってのが、そもそも民主主義国家の第一だと思うが。ま、ロシアを民主主義国家なんて思ったことはなかったけど、改めて確認し、驚いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック