アメリカにとっての最大の敵とは?

 今日の毎日新聞の国際面によれば、米国民の21%がイラクを自国の「最大の敵」とみなしているらしい。

 アメリカのギャロップ社の世論調査によるもので、一位はイランで26%、二位がイラクで
21%、三位は北朝鮮で18%、四位が中国で11%だそうだ。

 しかし、この調査いろいろ突っ込みたいところはあるなあ。

 先ず「イラクが最大の敵」って…イラクの何が最大の敵なのか?イラク政権ではありえないよね…では、シーア派か?サドル派か?フセイン残党か?それともアルカイダのことか?でもアルカイダ=イラクでは全くないぞ。アメリカ人はひょっとして全部ごっちゃごちゃにしてるのか?

 そしてそもそもこの世論調査はどうなんだ?記事を読んでそのまま素直に考えれば、たぶんこの世論調査は「アメリカにとって最大の敵とはどこですか」というような質問だと思うのだが、そんな世論調査って何のためにしてるの?次の戦争相手を選ぶ参考にするのか?

 アメリカって常に敵を探してるんやなあ…そして順位を見るとメディアに流されてるんやろなあ、とつくづく思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック