「米国が彼女たちに追いついた」

 この一週間仕事が激務でタイガースの試合すらまともに観れてない。タイガースの記事が書けない所以だが、この記事だけはお届けしたい。僕はアメリカは嫌いだし、この前批判したところだが、こういう所は尊敬できる…今日の毎日新聞夕刊から。

 イラク戦争開戦直前、女性3人組カントリーグループ「ディクシー・チックス」はブッシュ大統領を「テキサスの恥」と呼び、愛国主義ムードが高まっていたアメリカで大反発を受けた。

 しかし、イラク戦争の大失敗が自明の理となってきた中、今週復活のCDが発売されると、ニューヨーク・タイムズ紙は「米国が彼女達に追いついた」と評した。その他、タイム誌が最新号の表紙にグループを選び、AP、主要テレビ局がインタビューを放送、一躍、時の人となっている。

 アメリカやヨーロッパのメディアがえらいと思うのはこういうところだ。間違いが分かれば反省する。メディアがしっかりと前を振りかえり、省みる。

 日本のメディアが自分達の間違いを認めたことがあったか?昨年の選挙の時、自分達が小泉劇場を毎日の様に放送しときながら、流行語大賞で取り上げられたら、自分達の責任を省みずに批判していた局をオレは忘れないぞ。ホリエモンをさんざん持ち上げ、捕まったら刑務所入るまでヘリ飛ばして中継。村上ファンドを物言う株主と持ち上げながら最近の急激なバッシング(もちろん僕は村上ファンドは大嫌いですが)、自分達の番組への視聴者の意見を紹介する番組は誰も見ない早朝に流すテレビ局。

 あー、疲れてるので暴走気味。とにかく、こういうのを自浄作用って言うんだと思うよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック