新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「篤姫」やっと最終回まで観た。

<<   作成日時 : 2009/01/05 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。新年最初の話題が去年の大河ドラマの話で申し訳無い(汗)。今年の「天地人」も始まったというのにねえ。幾島引退まで観た後、DVDには録画してたんですけど
まだ観てなかったんです。で、正月休みに最後まで観たんですが…「ドラマ」としては面白かったです。

 まあ、毎度の事といえば、毎度の事なんですが、史実的には苦しいよねえ。あんなに奥の部屋同士が自由に行き来できるのはおかしいし、奥と表の行き来だってありすぎ。本寿院を家臣の様に下座に座らせて、頭を伏せさせるのもありえないよねえ。

 いい話にしすぎやしねえ。和宮との対立や和解も家茂をめぐる愛情みたいた話になってて、ほんまはもっとしょうもない話ですがな。

 ちゅうか、和宮の人生は史実の方がもっとつらいものだったわけで、オブラートにくるみすぎですなあ。原作とも大分違うし。

 と、まあストーリーについては文句たらたらなんですが、役者の芝居には脱帽。

 正直幾島引退から観なくなったのは宮崎あおい一人でどこまでひっぱれるのか不安だったのも内心あったような気がするのですが、宮崎あおいはすごい成長しましたね。十分一人でひっぱってた。何でもないシーンも美しく撮れててびっくりしました。

 堀北真希も女優としてはそんなにいいとは思ってなかったのですが、けっこうハマッてました。

 勝海舟も最初は北大路欣也うーん…だったのですが、役者の上手いところが役にはまりだして、最後はおお、良かったと思えました。

 島津久光や徳川慶喜の野心的なところ最後うまいぐあいに出ていったように思います。

 芸妓お琴可愛かったなあ(笑)
 
 ああそうそう、中島朋子も良かった。特にセリフのないシーン。落ち着いたいい芝居をしてた。何か最後のほうセリフ増えちゃって、そのセリフが今まで作ってたキャラと微妙にズレてた気がしましたが。これは台本のせい。

 と、いうわけで脚本にぶつぶつ言いながらも話にぐっと入り込めたいい「ドラマ」でした。

 「天地人」第1回新年会で見逃したんです。まあDVDに録画してるんで、その内また感想書きます。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人
09年NHK大河ドラマ「天地人」主演の妻夫木聡(直江兼続)の髪型ってどうなんです... ...続きを見る
なおこの出来事
2009/01/05 19:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「篤姫」やっと最終回まで観た。 新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる