新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『硫黄島からの手紙』観てきました

<<   作成日時 : 2007/01/22 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 今日は仕事が早く終わったので、『硫黄島からの手紙』観てきました。ミント神戸で15:10分の回でしたが、けっこうお客入ってました。かなり高評価であるとは聞いてましたが、確かに良かった。でも人によるような…

 先ず基本的に暗い、重い、単調…なので、これに耐えれない人は先ずムリ。

 さらに残虐シーンや不条理なシーンもあるので観て楽しい、というものではありません。しかし、それが戦争の真実を表しているわけだ。

 そしてこれが狙いだと思うのだが、全体的にこんな雰囲気なので、そこで人間的なシーンが出てきた時にホッとするのだ。そしてその感動がジワジワ心に来るのだ。これがこの作品最大のポイントであると思う。

 また、戦争が許せないのは、生きるべき人こそ死に、死すべき人こそ生きることにある。このこともしっかり守られ主張されていて安心できた。

 栗林中将の最後も、ああなるほど、そうもっていったのね、と納得できる終わらせ方だ。

 もちろんキャストもいい。渡辺謙はもちろん、二ノ宮和也、伊原剛、中村獅童、加瀬亮、その他脇役にいたるまで皆いい味出してる。

 ただ時々台詞にクビをかしげるところはあったなあ。あのころの日本人が使う言葉として正しいのか?と疑問に思ったことがところどころあった。

 もう一つ僕なりの不満点を言えば、日本の太平世戦争において、この硫黄島の戦いがどのように評価されるものであったか、という部分がもっと欲しかったなあ、と思う。例えばアメリカ軍が攻めだしてからこの戦いは1ヶ月半続くのだが、この映画では一瞬の事の様に思える。戦車などできる限り補給をした上での持久戦だったのだが、そうしたところも逆に描かれている様に思う。そこは不満だ。

 まあ、しかし、暗い、重い、単調な雰囲気の中で、これだけ人間性を感じられる映画は素晴らしいと思う。評価はともかく、お金出して観に行く価値が十分ある映画である事は間違いない。

 『マリー=アントワネット』もその内観に行くつもり、もっともこれは地雷の様な気も十分しているが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中村獅童、1LDKに引越し!長引く離婚問題の行方は鐔ワ愁鐔?
竹内結子(26)との離婚問題を抱える中村獅童(34)が、今では1LDKの賃貸マンションで一人寂しく単身生活を送っているという ...続きを見る
中村獅童、1LDKに引越し!長引く離婚問...
2007/01/24 12:46
ミント神戸 映画 osシネマズ ミント神戸 シネマ 映画館
こんにちは。ミント神戸 映画 osシネマズ ミント神戸 シネマ 映画館について触れていますよ。サイト版です。 ...続きを見る
ミント神戸 映画 osシネマズ ミント神...
2007/04/02 15:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『硫黄島からの手紙』観てきました 新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる