新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS J・ミシュレ『フランス革命史(上・下)』中公文庫

<<   作成日時 : 2007/01/25 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フランス革命の通史的な本ってあんまりないんですよね…そんな中こんな本見つけました。

 作者のJ・ミシュレは1798年生まれ、1874年死亡ってことで革命直後の世代ということになる。革命から60年たたない1846年から書かれたという事を考えれば、詳細に書けるのか?と思うかもしれない。ところがバスティーユからテルミドールまでが非常に綿密に書かれている。

 そして、作者本人はこう言われることを嫌がったそうだが、どちらかというと詩に近い。詩人のつむぐ言葉の様に、ほとばしる情熱が文章に見て取れる。まず情熱的な言葉が先に出て、そしてその後詳細な説明が入る。という形で最後まで叙述は続く。

 ミラボーの死、ダントンの死、ロベスピエールの死。フランス革命の人物達が死に追い込まれていく様は、まるで運命にあやつられる人間そのものに見える。

 また、国民議会議員などの有名人物だけではなく、パリ市民、人民をも中心にすえて、民衆の心の動きが書かれており、これも興味深い。

 と、いうわけで、ナポレオン前のフランス革命を知るには良い一冊だ。

 ただ、中級者向け、というか、フランス革命についての高校世界史程度の知識は必要だ。世界史で習ったフランス革命の人物が出て来てああ、なるほど、と思う感じだ。世界史でフランス革命学んだんだけどもう少し詳しく知りたい、という人向けな気はする。

フランス革命史〈上〉フランス革命史〈下〉
フランス革命史〈上〉 (中公文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J・ミシュレ『フランス革命史(上・下)』中公文庫 新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる