新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS めちゃくちゃ早いアメリカ次期大統領予測

<<   作成日時 : 2007/01/23 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日の毎日新聞国際面によれば、来年のアメリカ次期大統領選挙の立候補者がだんだんそろってきた。そして展開もちらほら見え隠れする。

 まず何といっても今回の目玉は民主党候補、以前の記事でも紹介したが、最大の注目株がヒラリー=クリントン上院議員だ。クリントン前大統領の夫人である。彼女が当選すれば、アメリカ史上初の女性大統領となる。そしてオバマ上院議員、父がケニア出身であり、彼が当選すればアメリカ史上初の黒人大統領だ。さらにエドワード元上院議員、04年大統領選挙での副大統領候補、確かイケメンで話題になってたはずだ。

 これに対してブッシュ大統領と同じ共和党からはジュリアーニ前ニューヨーク市長。同時多発テロの時のニューヨーク市長で、その時の対応は国民から広く支持を得た。そしてマケイン上院議員、ベトナム戦争で長期間捕虜となり、共和党穏健派として支持を集めている。あとロムニー前マサチューセッツ州知事、02年冬季オリンピック組織委員会会長だった。

 他、民主党からは00年大統領選挙でブッシュ大統領と接戦を演じたゴア前副大統領、共和党からはギングリッチ元下院議長も出馬の可能性が報じられている。

 で、展開予想だが、共和党のブッシュ大統領が支持率を28%にまで落としているところをみれば、民主党有利は当然だ。で、その民主党候補の中では同党支持層の中ではヒラリーが
ダントツだそうだ。一方共和党の方はジュリアーニ前NY市長が同党支持層の中でトップにたっている。

 この事からまだ一年以上もあるので、まだまだ早計だが、ヒラリー対ジュリアーニかな…とすると民主党有利なのだからヒラリーか、アメリカ史上初の女性大統領か。と、思われるがそう簡単でもない。ヒラリーは「好ましい」と思う人と「好ましくない」と思う人が拮抗しているのだ。

 そこで私は思う。(まだ早いっつーの)大逆転でジュリアーニだ!

 うーむ。来年赤っ恥をかいてそうな自分の顔が思いうかぶなあ。

 しかし、もしヒラリー=クリントンが次期大統領になったらやっぱりクリントン大統領、て言われるのか?ファーストネームでは呼ばれないよねえ。じゃあ、夫のクリントン大統領と区別がつかないんじゃあ…まあ、今のブッシュもそうなのだけれど。親子の区別はメディアでは父の方をパパ=ブッシュと呼んでいるようだが、それではクリントン前大統領はハズバンド=クリントンか?うーむ、どう区別するのかなあ。ま、彼女が落選すれば、そんな心配も不必要だが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
めちゃくちゃ早いアメリカ次期大統領予測 新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる