新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉田秋生『BANANAFISH』小学館

<<   作成日時 : 2006/02/25 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

僕の数百冊に登るマンガの中で、今のところ一番はこれだ。
本の雑誌『ダヴィンチ』でも前、一位に選ばれていた。
最近『NANA』も、男も読める少女漫画として有名になってきたが、(残念だがまだ未読)
『BANANAFISH』は男性にも是非是非読んで欲しい一冊だ。
男尊女卑傾向のある、うちのオヤジにだまって読ませたら、うなっていた。
後で少女漫画だよって言ったら、「そんなことは関係ない」と言ってた。(笑)
最近流行ってる(?)マンガ文庫なら、カバーもブラックで男も手に取りやすいぞ。
まあ、だからこそ、僕も買えたのだが。

物語の舞台はアメリカのニューヨーク。
ストリート・キッズのボス、アッシュ=リンクスが主人公。IQ200の知能に超一級の戦闘能力を合わせ持つ、金髪の美少年だ。しかし、その容貌からか、過去、子どもの時に所属する野球チームの監督に強姦されて殺したり、同性愛の商品として売られたり、という暗い過去を持つ。
アッシュはある日、瀕死の男から謎のカプセルと「バナナフィッシュ」という言葉を託される。アッシュの兄もベトナム戦争から帰ったときには廃人となっており、唯一「バナナフィッシュ」という言葉を話すだけになっていた。瀕死の男は、かつてアッシュを商品として扱い、その後才能を見出して、英才教育を与えた、マフィアのボス、ゴルツイネに追われていた。「バナナフィッシュ」とは何かを探り始めるアッシュ。
そんな時、日本から、カメラマンの伊部俊一とその助手奥村英二がストリート=キッズの取材に、
やってきた。しかし、その取材中にストリートキッズの抗争に巻き込まれ、アッシュと奥村英二は危機に…何とか危機を乗り切った二人だが、今度は「バナナフィッシュ」をめぐる争いに巻き込まれることとなる。しかし、その中でアッシュと英二は深い絆で結ばれていくようになる。
よく「友情と恋愛はどちらが上か」という不毛な二者択一があるが、このマンガを読むと、アッシュと英二の間は友情を越えた何かで結ばれている。それはしかし、恋愛ではない。
まさしく魂の交流だ。
「バナナフィッシュ」の秘密を握ったアッシュは、かつての師匠に英二の安全を盾にとられ、捕らえられる。師匠はゴルツィネの元に戻るよう言う、それがお前の世界なのだと。
しかし、アッシュは言う。「よけいなお世話だ。俺は今幸福なんだ。この世に少なくともただ一人だけは…何の見返りもなくオレを気にかけてくれる人間がいるんだ。こんな幸せな気分は生まれて初めてだ。」かつて商品として売られ、その後ストリートキッズのリーダーとなっても、自分を恐れる部下を持つばかりで、親友を持たなかったアッシュにとって(一人ショーターという友がいたが)、英二の存在は誰よりも大きくなっていったのだ。
ラストの英二からアッシュへの手紙は号泣必死。セカチューの様に「感動するぞ!泣くぞ!」
と思って読まなくても、十分、いや十分なんてもの以上に感動できるし、泣ける。
1985年〜1994年連載作品なので、今の少女コミックを読む女性も知らない人がいるかもしれない。
男性でも女性でも、読んで欲しい作品NO1である。
小学館マンガ文庫で全11巻+番外編1巻、この番外編には後日談もあって、それがまた最高。

Banana fish (1)Banana fish (2)Banana fish (3)Banana fish (4)Banana fish (5)Banana fish (6)Banana fish (7)Banana fish (8)Banana fish (9)Banana fish (10)Banana fish (11)Banana fish another story
Banana fish (1) (小学館文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NANA
NANA『NANA』(ナナ)は、矢沢あい作の漫画および2005年に公開された映画。毎月26日に発売される少女漫画雑誌「Cookie (雑誌)|Cookie」(集英社)で連載中(2005年現在)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wiki... ...続きを見る
マンガの知識館
2006/03/01 21:54
BANANA FISH(吉田秋生)私的リンク集
↓の続編(?)です。BANANA FISH(吉田秋生)魅力1BANANA FISH(吉田秋生)魅力2どげんもこげんも、「BANANA FISH」への愛が止まりません。今回は、ネタバレてんこ盛りやけん読んだことない人は、絶... ...続きを見る
めんたいこ日記
2007/08/25 04:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
トラックバックをさせてもらおうと思ったとですが…
初めて挑戦したせいか、思いっきり失敗してしまいました(赤面)

記事が興味深かったので文中リンクをさせて頂きました。
http://ponkotu.com/blog/mentai/archives/27.html

また寄らして頂きます♪
めんたいこ
2007/08/25 04:13
banana fish サイコー
20世紀最高傑作
yu-na
2008/12/03 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉田秋生『BANANAFISH』小学館 新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる